朝鮮語

 

 我が店、昔は朝鮮人ばかりで「朝鮮部落」と呼ばれてた入り口に鎮座してる

 ですから、遊び友達は朝鮮人がほとんど

 日常的に朝鮮語が飛び交っていた

 ドブロクを密造してて、警察官がどっと押し寄せて来て逮捕されるのを何回も見たし

 密造の途中でタンクが爆破して破片が屋根に飛んで来たり、怪我人もよく出てた

 兎に角、僕の日々は朝鮮の世界と同化してた

 僕の名前は、親父と親交があり尊敬してた朝鮮人が名付けた❗️と

 今となっては朝鮮人は誰一人居なくなり、残っているのは我が店だけ

 川に入って洗濯物を石🪨の上に置いて木の棒で叩いてたり、葬式の折に沢山の女の人が号泣してるのを目の当たりにした

 「アニョハセヨ」とか「オモニ」とか

 今にして思えば、小さい頃から不思議な空間で生活してたんだ❗️と

 向かいの道路の横には売春飲み屋があり、酔っ払いの喧嘩、ヒロポン(覚醒剤)という言葉もよく聴いた

 兎に角、子育ての環境は最悪だと思うが親父は何を思ってここに店を構えたのか⁉️

 今にして思えば、異常なことが日常だった❗️

 だから、僕にとっての日常は他人にとっては異常と映ってるのでは⁉️

 異常が日常なんだから、他人の日常には興味が湧かない

 草木や雲☁️や蜘蛛🕷️とか観ているだけで一日が過ぎて行く

    日常翁