無一文

家族から、「縁の下の蜘蛛の巣🕸️」と言われ続けてる

「見えないところにある🕸️から おっても おらんでも一緒」

要するに、何等 家族に貢献していない❗と

そう言われれば納得せざるを得ない😣

という訳でもないですが、蜘蛛の巣🕸️を見てると僕の人生とそっくり

餌を捕るために齷齪(あくせく)動き回らず じぃ~と獲物が来るのを待ってるだけ

蜘蛛の巣🕸️の蜘蛛はいつも頭が下なんです

頭が低い⤵️というより逆立ち状態

蜘蛛に向かって、「アンタも暇ねぇ~😒」って云うと、「お前も 同じやん❗」

要するに、自助努力を一切しない

「カネガネ 金がねぇ~」って言ってますが これも自ら蒔いたことですから致し方がない

でも、「無一文」って 楽なんです

減る⤵️心配もしなくていいし、欲しいモノもなくなるから 実に 清々しい❗

不足がないんですから、これ程 幸福なことはない🤗

「夢と希望」を捨て去ることです

金儲けはきりがないですが、無一文に向かうのは何の努力もしなくていい🤗‼️

先ほども橋の上から川を見てたら 先日まで河原にあったモノが 雨が降ったおかげで すっかり流されて 元の砂州に戻ってる

この世に足跡を遺したところで 雨が降れば元の木阿弥

蜘蛛の巣🕸️を見てたら その上に葛の花を見つけました

f:id:Himagine2020:20190927115815j:plain

葛翁🤗