暮らし

沢蟹

我が家に沢蟹が来て1ヶ月が経った❗️ 最初は15〜6匹ほどだったが、初めは要領が分からなくって水量を多くしてたら5匹が溺死状態で見つかった 水量を1センチくらいにして芝杉を入れてやると登って一息つき出したら 2週間ほど一匹も死んでいない❗️ 京都(2泊3…

とさるふ

安寧の地と云えば やはり故郷 漁師が釣り糸を垂れる場所は居る位置を知る為に「山立て」をしている 漁師じゃなくても無意識に人は自分の居場所を山や川 周りの景色のなかに自分を置くことによって安心している 自分の家から見える景色で存在感・居場所を確認…

徒然草

著者は吉田兼好(けんこう) 兼好法師とも詠ばれている 兼好を今風に詠めば「かねよし」 「かねよし」さんなら親しみが持てる この「かねよし」さんが長生きの仕方を書いている 僕の長生きの方法を昔、母親に話したら「馬鹿にするな」と怒鳴られた 「お袋さん …

京都漫遊記 第6弾

愈愈、最終日 朝から、9時2分の亀岡行きのトロッコ列車に乗り紅葉を愛でる❗️という訳でホテルを8時過ぎにタクシーで嵐山に出かけた 流石に人影もまだらで時間に余裕があったら竹林を散策 全国各地に竹林はあるだろうに整備されて散策出来る竹林は僅か❗️ 以…

京都漫遊記 第5弾

日本料理 「藤井」を初めて訪れたのは去年の大晦日 今年の4月も行ったから、今回で3回目 兎に角、三人で しこたま呑むから 大将から弟子まで覚えてくれてた 今回はカウンターではなく壺庭が見える座敷 先ず、出て来たのが定番の「今日の出汁」 この出汁で…

京都漫遊記 第4弾

昼食は新京極近くの町中華 餃子を肴に酒を飲んだ 6時に日本料理屋「藤井」に予約を入れているから、それまでホテルに帰り一眠り 京都府立植物園がライトアップされているとのことで6時までの暇潰しに行くことにした 入園料が200円とは驚き‼️ パパイヤが大…

京都漫遊記 第3弾

河井寛次郎記念館は五条坂金鋳町にあり、その看板を見て70年間の疑問が瞬時に氷解した❗️ 僕の名前は「寛」 実は、物心がつき始めて自分の名前を親父から教えて貰った 当たり前ですが、「寛」ではなく「見」のところに「、」がある字 ところが、戸籍謄本には…

京都漫遊記 第2弾

次の日、起きると娘が「近くにある煙草が吸える喫茶店を探したからモーニング☕️に行こう❗️」となった この日の予定は午後6時の日本料理店「藤井」だけが決まっている❗️ 扨、今日 これから どうするか⁉️ 清水寺の「茶碗坂」をそぞろ歩きしながら行き先を考え…

京都漫遊記

京都中心部の老舗旅館と云えば「俵屋と柊家」 道を挟んで両旅館が建っている その「俵屋旅館」に隣接している俵屋のギャラリー「遊形」 その日の夕食を予約していたのが「hikari-yurari」 その店は麩屋町にありますから、ホテルから ふらりと散歩がてらに歩…

三井ガーデンホテル京都 新町別邸

急遽、京都行きが決まりホテルを何処にするか⁉️ 運よく予約が取れて、今 大浴場に浸かって ほっこり❗️ ところで、宿泊施設に泊まり 風呂に入って洗い場に座ると 毎度 悩むことがある 普通の人は誰も悩まないことが僕には若い頃から ずうっ〜と宿泊施設に泊ま…

蕪村

気取ったところがなくて、庶民の目線で いろんなものを見ている この句なら聴いたこともあるかも 「菜の花や 月は東に日は西に」 食べものの表現も味わい深さを醸し出している この「醸し」を出した句が 「寂寞とは 昼間を酢の なれ加減」 酢は「鮨」、なれ…

亥の子

今朝、高校の同級生が石を抱えて入って来た❗️ 「家の木小屋に残っていた"亥の子さん"の石や❗️」 60年ぶりに見た石 今治地方では 「亥の子さん」のことを「ごうりんさん」と呼んでいた 「ごうりんさん」の石の中ほどに溝があって鉄製の輪っかを付けて、そろに…

喫煙

僕は健康に関しては 一切 良いということを自分からはしていない❗️ 煙草は日に二箱、酒は50年以上 休肝日はなく この歳になっても3〜4合を 箸休め程度の物を口にして呑んでいる 当然、毎夜中 アルコール性早朝覚醒、そこで直ぐに2種類の催眠剤を服用 運動も…

ベトナム(ホーチミン)に行くと商店の値段表に50kとか書かれている ベトナムの通貨は「ドン」 先程調べると 10.000ドンが¥56.22 ベトナムの紙幣は1000₫ ・2000₫ ・5000₫ 10,000₫ ・20,000₫ 50,000₫ 100,000₫ 200,000₫ 500,000₫ 兎に角、「0」を数えなければ…

大漢和辞典

25歳の頃、漢字の由来等を知りたくて諸橋轍次著の大漢和辞典を購入して読み漁っていた時期があった 目次だけで大きな一冊の本 鍼灸のツボ名も「名は体を表す」ということで全部調べた 「木・林・森」なんかも 林と森との違いとか 最多字画は「龍」を四つ書い…

橋梁工事

川には橋が掛かっている その橋の点検の項目が実に沢山ある❗️ 橋脚・欄干・舗装等 そして、川砂の採取とか 年がら年中、何かの工事をしている その工事に伴い必ず要る人が警備員さん この土手道を通る車は上にある一軒のみの車 高校生が通学には通っています…

無為無動

蜘蛛の巣のを見ていると つくづく自分とそっくり 風が吹けば巣は揺らめいてるだけで頭を下にして動かない 日々の努力とか労働という思考が欠如している 正に、自分と一緒 家主人には、「何も為すな❗️ 動くな❗️」と まるで蜘蛛と一緒 家主人の口癖は 「縁の下…

同期会

本来なら、今日の今頃は大阪の梅田にあるホテルでの同期会に出席しているところである 如何せん 出席は憚れた 1か月半ぐらい前だったか⁉️ 卒後46年 一線をリタイヤして 旧交を暖めるには 丁度いい歳になっている 同期会への案内状が届いた日の夜である 出席…

 マクドナルド

日本マクドナルド 「挑戦と変革の経営」なる著書を読んだ マクドナルドは1961年にシカゴに全日制のトレーニングセンター、通称「ハンバーガー大学」を開校した マクドナルドは世界100以上の国と地域で展開しているから人材の養成は必須である❗️と 日本のハン…

沢蟹

先月は今治を留守にする機会が二回もあり、行きつけの魚屋(魚一)さんに行けなかった 昨日、1か月ぶりに家主人が買いに行った 魚一さんの店の中に虫籠が5個ほど並んでいたのを見つけた❗️と 何やら赤いのが動いている 大将曰く、「沢蟹」だ❗️と この大将、話…

衝動

朝から突き動かされる心境に「耐え難きを、耐え、忍び難きを、忍び」である 小さい頃も大きくなってからも、善悪を考える前に衝動に駆られてやってしまう癖がある 紐が垂れ下がっていると ついつい引っ張ってしまう❗️ 大学での実験室のプラッテ(実験台)の上…

蟷螂

先週の金曜日、焚き火をしてたら10cmぐらいのカマキリを見つけた❗️ 松山の孫(6才男子)が虫が好きだから日曜日に持って行ってやろうと 孫が通う幼稚園には「虫好き3人組」が居て、虫籠に入れたカマキリを「明日、友達に見せるんだ❗️」と喜び勇んでいた 孫の…

猿の腰掛

我が家の日常に呑む酒の銘柄は「梅錦酒造」の「栄照」、昔で云う二級酒である 大体 45年ほど愛飲している 30年前か⁉️ もっと前か失念しましたが梅錦酒造会社がキャンペーンで「梅の苗木プレゼント」を企画した 応募要領は忘れましたが、2〜3本戴いた 八重の…

ゆらぎ

若い頃から陶器に関心が高く、旅先では陶芸館や窯元を巡るのが愉しみである 先日から「陶芸の美」なる本を読んだり眺めたりしている 作陶家の古人や現代作家の顔写真と共に作品 それに作陶するにあたっての心意気を語っている 若い作家の和田的氏の一言 「正…

デコラ板

僕は3人兄弟の末っ子(姉・兄・僕) 子供部屋なんて当然無かったし、勉強机なるものも僕のは無かった それが、小学6年生の時にちゃぶ台みたいな折りたたみ式の机(横70cm 縦45cmぐらい)を買ってくれた 表面がツヤツヤしてた お袋が云うには、「デコラ板」よ❗️ …

安らぎの水

葬儀の帰途、このまま自宅に帰ると暗くなるから運転に気をつけなければならないから、松江市で一泊して翌朝帰ることにした ホテルから近場で飲み屋を探した 小さな居酒屋であるが、看板には島根県各地の地酒がある❗️と 暖簾をくぐると あんちゃんというより …

古稀

本来なら長寿の祝いは数え年でするのが習わしですが、近頃は何となく数え年の風習が満齢になって来ている 満齢で僕の古稀は明日(10/22)となる 僕が生まれた1952年時の平均寿命は61.9才であった 平均寿命が60才を越えたのは1951年生まれから❗️ だから、親父は…

恥ずかしながら 帰って来ました

家主人の御母堂様が危篤ということで急遽 実家のある島に行って来ました 終末医療は受けない❗️ということで、何もせず、そのままで施設で見送ることになっていました ですから、点滴もせず なすがままに任せてから三日目 突然 意識が戻って 最初に発した言葉…

玉水

夜中頃から雨が降り出した ウッドデッキに出て一服していると、軒先から はみ出てる干し竿に雨水が溜まって 今にも落ちそうになってた この雨水のことを古人は「玉水」と表していました 大数学者の「岡 潔」 晩年は俳人の松尾芭蕉と曹洞宗の開祖 道元禅師に…

鼓星

秋の夜空は澄み切って星座に想いが巡る オリオン座はギリシア神話における登場人物オーリーオーンを題材とした星座 日本人も星を観て和名を付けている オリオン座は「鼓星」 どうして「鼓」なのかと昨晩眺めていた オリオン座を縦にすると、能楽に使われる打…