旅行記

Medical マネージャー

僕等がベトナムのホーチミンに行き 近隣の無医村に医療ボランティアを盛んにしてた時に 手伝ってくれた女性看護師がいました この方は30年近く前に千葉大学の医学部看護学科に留学して資格を取得された‼️と 兎に角、非常に有能であり日本語も流暢であった …

一楽 二萩 三唐津

茶道の世界では、古くから茶人の抹茶茶碗の好みの順位、格付けとして云われている 煎茶となると常滑焼の「朱泥」が一番かも知れない⁉️ 遣い込むうちに渋味が朱色を深くする 以前、萩に行き『指月窯』にお邪魔しました 当主の「波多野善蔵」氏 『日本伝統工芸…

布哇

台湾に行くと全てが漢字表記 例えは、ベトナムの「ホーチミン」は「胡志明」 日本人も昔は知恵を働かせて見事な漢字表記をしてた 表題の『布哇』、見ただけなら英語の「Why」実は、「Hawaii」と‼️ 移民としてハワイに渡った邦人が1912年に日本語の新聞を創刊…

開高健

ベトナムのホー・チ・ミンには40回ほど行っています 僕ら(二人)は貧乏ですから、安いホテルばかりに泊まってる 現地人の知り合いは超金持ち 去年だったか、レストランの食事が終わった後、金持ち夫妻が『サイゴン川が目の前にある「HOTEL MAJESTIC SAIGO…

言葉

台北空港でエレベーターに乗る時、その漢字表示に台湾人の知識の豊かさと 駆使する知恵の深さに脱帽しました エレベーターのことを「電梯」、読み方は知りませが見れば「電気で動く梯子(はしご)」と納得 「言葉」は「言の葉」ですが、それを辿れば「枝」が…

医療

広島空港から台北へ 台北はトランジット(乗り継ぎ)でBターミナルからAターミナルに移動しなければならない たぶん、今回で度越(ベトナム行き)は40回目ぐらい しかし、この広島⇒台北⇒ホーチミンは初ルート 台北には何度か来ていますがターミナルの移動…

烹大師

台北驛から徒歩5分の「YMCAホテル」の部屋での会話 連れが、『娘に頼まれた、台湾にしか売っていない味の素の「ほんだし」を買いに行かないといけない❗』と フロントに行き、「近くのスーパーを教えて下さい❗」と 近隣の観光案内地図を取り出して目的のスー…

私の定番

「私の定番グッズ」 昔の世から、「男は閾(しきい)を跨(また)げば七人の敵あり」と 肥後国、今の熊本県には西南戦争の古戦場となった「田原坂」があります そこで吟われていた 「田原坂」 雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ アラ田原坂 右手に血…

ミスタードーナツ

ドーナツの創始者は「老子」では⁉️ 第十一章 『三十輻共一轂。当其無、有車之用。』 「車の輪は、三十本の輻(や)が中央の一つの轂(こしき)が集まってできている。しかし、轂の中心のなにも無い穴があってこそ、車輪としての効用がはたせることになる」と…

REX HOTEL SAIGON

僕等のベトナムでの定宿は市中心街にある「ベンタイン市場」から徒歩5分くらいにあります ですから、立地条件からすれば1泊 8000円ぐらいは当たり前ですが、老朽化と日本語が全く駄目でインドネシア人やら韓国人だらけで(その方達も今回は激減⤵️)日…

茂園餐廳

僕のアルコールは九分九厘が日本酒で残り一厘が白ワイン 以前、神戸⇔台湾のクルージング(10日間)の折りの酒には苦労しました 日本酒は寿司屋の中以外にはなく、それが一合 1000円(⁉️)を越えてた 一日中 飲むのだから べらぼうな料金となる そんな…

台湾語

台北の「YMCAホテル」の前は露店商のような小さな店が軒を連ねています 何処かで食べよう❗となり、店に掛かっている看板メニューを眺めながら、連れと漢字を見ながら「あれは何やろうか⁉️」と話してたら、若い女性が日本語で「あれはチーズですよ❗」と 『起…

表裏

「台湾の表事情」 今回のベトナム行きの航空会社は台湾の「中華航空」 行きはトランジットですから空港内で一杯 帰路は台北で1泊ということで、台北駅から徒歩5分の「YMCAホテル」 台北の「桃園国際空港」から台北駅までの移動に「MRT」という快適 電車 台…

閑話休題

『閑神社』の宮司をつかさどっている この身でありながら 今回の渡越(ベトナム)では完膚なきまでに叩きのめされた 閑を潰すことに掛けては余人を寄せ付けぬ自信がありましたが それを木っ端微塵に砕かれた 正に、『究極の閑潰し』 それを紹介しましょう❗ …

ベトナム半可通

確実に需要が増大⤴️しているのに供給が追い付いていなくて 絶滅危惧職種 No.1は「歯科技工士」 歯科医を増員した結果、保険医療費が増大し 保険点数の削減 その皺寄せが諸に歯科技工士料金の値下げ⤵️に直結 歯科技工士は徹夜の仕事が日常化し、低賃金・高度…

education

ベトナム(ホーチミン)に来て3日目 宿泊ホテルは中心地(ベンタイン市場)の近く(徒歩5分)にいるんですが あまりにも老朽化してて とっても「cheap」ですが日本人観光客は絶無 朝食は そこらのコンビニでサンドイッチ等を買って済ましていました 今朝は…

つま楊枝

今から10数年前から、年に3回 必ず ベトナムのホーチミン市に医療ボランティアの一員として訪れてた 医療ボランティアですから無医村地域ばかりを巡ってた 時には、現地で一泊もしました 大体、ホーチミン市から揺られること2~3時間のところ ですから…

學而

子曰 学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来。不亦楽乎。 人不知而不慍。不亦君子乎。 「子曰く、 学びて時に之を習ふ。亦説(よろこ)ばしからずや。 朋有り、遠方より来たる。亦楽しからずや。 人知らずして慍(いか)らず、亦君子ならずや。」 ハワイで東洋医…

ベトナム諸般

常宿にしているホテルはベンタイン市場の近くにあるんですが日本人客は皆無 だからして非常に安いホテルなんですが、宿泊費を払ったことが一度もなし ベトナム人オーナー(⁉️)と昵懇 昔、行き初めの頃 通訳として雇ってた 仲良くなり、今治まで遊びに来たこ…

《失読》

淡路島の『浜離宮』というホテルでの夕食の部屋は「松の間」であった 案内板にこの「松の間」を見た孫娘(小学2年生)が松の「 あいだ」と喚んだ❗ 直ぐ様、この「間(あいだ)」は「ま」 と詠むんだ‼️と 「間」という字の音訓読みは「かん・けん・げん・ま・あ…

《ルイ14世の肖像》

鳴門大橋の袂にある『大塚国際美術館』について、何をか言わんとして長考(⁉️) させられたのは何故なのか あまりにも巨大であり重厚な絵画に圧倒されて探す言葉がなかった❗ あの絵画を飾るのには堅牢な邸が先ず必要であった❗と 西欧諸国の城や邸には あの「重…

《内外》

高松港からフェリーで約1時間 港の 入り口に「水玉模様の南瓜(カボチャ)」で有名な「草間彌生」の大きな作品 「中に入ることが出来ます❗」 この「作品の中」に❗が このアートの島直島のコンセプトでは⁉️ 旧町並を利用して『家』という作品を展示してゐて、…